スポンサーリンク
美酒美食

ESPICE

兵庫県神戸市中央区中山手通2-3-25メゾンエスプリ生田1-1TEL:078-333-1919 ★★★演出にもこだわったフレンチのお店。いろいろと、とっても楽しい時間を過ごせる。デートなんかにはうってつけだろう。 なのに、価格設定も良心的でありがたい。 随所に“わくわくポイント”があって・・・とっても楽しい時間を過ごせる。 料理以前に、まず・・・ちょっと変わっている。なんとも、不思議なテーブルセッティング(↑)だ。 お皿の上の謎の(?)物体に香りのついた水をかけて、モコモコとおしぼりが出現したり。 カトラリーは、抽斗におさまっている。 ちょっとわかり辛いかもしれないけれど、テーブルに“突き刺...
歌舞伎の勉強

義経千本桜【三~五段目】

歌舞伎はやっぱり予習の上で見たいゾ( ̄ー ̄)エヘン! 義経千本桜【三段目】 (椎の木の場) 若葉の内侍、六代君、小金吾の三人は、平維盛の消息を尋ねに高野山へ向かっている。 長旅の疲れからなのか、内侍が体調を崩してしまい、吉野下市村の茶店で休んでいくこととなった。茶店にいたのは小せんという女性。六代君と同じ年頃の子どもがいるらしい。小せんは気の良い女で、近くの薬屋へ薬を買いに行ってくれるという。その間は、内侍たちが店番だ。 ・・・・・。 六代君が傍らの栃の木から落ちた実を拾って遊んでいると、風呂敷を背負った男がやってきて、これも茶店で休む。しばらく六代君の様子を見ていたこの男、「栃の実で遊ぶなら...
歌舞伎の勉強

義経千本桜【初段・二段目】

歌舞伎はやっぱり予習の上で見たいゾ( ̄ー ̄)エヘン! 義経千本桜【初段】 (大序・院の御所の場) 屋島の戦いで平家が大敗を喫した後のことだ。後白河院の御所に参内し、合戦の様子を物語る源義経(みなもとのよしつね)。 義経には褒美として「初音の鼓」が与えられる。これ、実は義経が欲しがっていた鼓。霊力のある狐の皮で作られていて、雨乞いに絶大な威力を発揮するという。これ使って戦のときに天気を自由にあやつれたら有利だろう・・・と、根っからの軍人義経。 鼓をもらえたのは嬉しいのだけど、ここで左大将藤原朝方(ふじわらのともかた)←悪いヤツが言う。「これは兄頼朝を討てという院宣だ」と。鼓の革を頼朝になぞらえ、...
美酒美食

ロドラント

(勝手におすすめ食堂/東京都中央区銀座) l'Odrante par Minoru Nakijinジャンル:フレンチTEL: 03-5537-7635東京都中央区銀座7-7-19ニューセンタービルB1 イイお店に出会ってしまった(#^.^#) 完全予約制の小さなフレンチレストラン。 雑居ビルの地下1階。ビルの外観は、こんな感じ。 「l'Odorante(芳香)」という名のフレンチレストランだ。 地下階への階段を降りて・・・ この扉に手をかける。初めてのお店は、やはりちょっとドキドキ(・・;) 中は、欧風の可愛いお家に招かれたような(#^.^#)地下だから、窓からの自然光はなく、しっとりと落ち...
歌舞伎の勉強

菅原伝授手習鑑【三~五段目】

歌舞伎はやっぱり予習の上で見たいゾ( ̄ー ̄)エヘン! 菅原伝授手習鑑【三段目】 (車曳の場) 菅丞相は流罪となり、斎世親王は法皇のもとに預けられることとなった。主を失ってしまった梅王丸と桜丸。ある時、往来で出会った二人は、親王や姫のこと、流罪となってしまった菅丞相のことなどを語り合う。菅丞相を陥れた時平とその時平に仕える松王丸は、断じて許せん!・・・と息巻く梅王丸。 そこへ・・・吉田神社への参詣で、左大臣時平の牛車が通りかかる。金棒を引き「ハイホウ、片寄れ、片寄れ!」と、まずは雑式が行く。 梅王と桜丸・・・ここを黙っておとなしく通すわけにはいかぬ。牛車に近づき車を止める。 行く手に杉王丸登場。...
歌舞伎の勉強

菅原伝授手習鑑【二段目】

歌舞伎はやっぱり予習の上で見たいゾ( ̄ー ̄)エヘン! 菅原伝授手習鑑【二段目】 (道行詞甘替) 桜丸は飴売りに成りすまし、その荷の中に斎世親王と苅屋姫を忍ばせている。桜丸は親王と姫に追いつき、姫の実母である覚寿(かくじゅ)を頼ろうとしていた。覚寿が住まうは、河内国土師の里。 だが、その道中・・・。 飴を買う人々の口から菅丞相が九州へ流罪となったこと。今は摂津国安井の浜にいると聞いて驚き、菅丞相のもとへと向かう。 (安井汐待の場) 摂津安井の浜。船の潮待ちで、丞相は護送用の輿に留まっている。 桜丸に連れられやって来た斎世親王と苅屋姫は、自分たちのせいで・・・と嘆く。罪人であるわが身を憚って、声を...
歌舞伎の勉強

菅原伝授手習鑑【初段】

歌舞伎はやっぱり予習の上で見たいゾ( ̄ー ̄)エヘン! 菅原伝授手習鑑【初段】 (大序・大内の場) ある時、中国の僧がやってくる。中国の皇帝が日本の帝の絵姿を欲しがっているから描かせてくれまいか・・・と。しかしタイミング悪く体調を崩している醍醐帝。すると左大臣藤原時平(ふじわらのしへい)が帝の代役を申し出る。それに右大臣菅丞相(かんしょうじょう)=菅原道真が待ったをかけて、丁度お見舞いに来ていた帝の弟斎世親王(ときよしんのう)を絵のモデルとするのが良いでしょうと提案した。帝も斎世親王を自分の代役に立てるのを良しとして、金冠白衣(帝の服装)の斎世親王を描き、中国の僧は帰っていく。 おさまらないのは...
美酒美食

ロイヤル クリスタル カフェ

(美酒美食/東京都中央区銀座) ロイヤル クリスタル カフェジャンル:カフェTEL: 03-3569-1188東京都中央区銀座5丁目4−6 ROYAL CRYSTAL GINZA 歌舞伎の余韻を・・・ゆったりくつろぎタイム。 選んだ『ロイヤルクリスタルカフェ』は、高級感溢れる実にエレガントなお店だ。 ビルが「ロイヤルクリスタル銀座」だから、所謂テナントとして・・・とは、違うのだろう。 ビルに一歩入って感じる高級感。 大理石、シャンデリア、大きな花卉・・・この高い天井やピカピカのエレベーター・・・ワタシのような庶民がプロデュースしたら、この贅沢感は、まぁ、でないだろう(* >ω&lt...
美酒美食

生粋(なまいき)

生粋(なまいき)ジャンル:焼肉TEL:03-5817-8929東京都千代田区外神田6-14-7 2F フルアテンド型の焼き肉を。初めての体験だ。 以前から、興味はあった。興味はあったのだけれど、相当予約が取れないなんて話も聞くもんだから、何となく腰が上がらなかった。 その・・・予約困難と言われる「よろにく」の系列店に、今回電話を入れたのは・・・何故だったろうか?ひと月程度前のことなので、今となってはよく覚えていない。きっと「どうせダメなんだろうな。」という・・・。 実際に、予約の電話はすんなりとは繋がらなかった。どの辺りで諦めようかと考えながら、リダイヤルを繰り返し・・・それでも10回以内...
歌舞伎の勉強

義経腰越状 ~五斗三番叟~

歌舞伎はやっぱり予習の上で見たいゾ( ̄ー ̄)エヘン! 義経腰越状 ~五斗三番叟~(よしつねこしごえじょう ごとさんばそう) 主な登場人物■五斗兵衛盛次・名軍師。無類の酒好き。■九郎判官義経・言わずと知れた義経様。■亀井六郎・義経様の忠臣。■伊達次郎・悪い家臣。錦戸太郎は兄弟。■錦戸太郎・悪い家臣。伊達次郎は兄弟。■泉三郎忠衡・忠臣。五斗兵衛を呼んでくる。 成立事情タイトルは「義経~」だが、実は豊臣の大阪落城を扱った作品。江戸の初演時には家康公暗殺をにおわす場面があると上演禁止や改作を重ねて現在の形に。主人公の五斗兵衛(ごとべえ)は、反徳川のヒーロー後藤又兵衛。五斗(90リットル)の酒をペロリと...
スポンサーリンク