Ushimaru (ウシマル)

千葉県山武市松尾町木刀1307-2

TEL:0479-86-1222

★★★
この圧倒的な皿数。
素材を生かした美味しい料理を、少しずつ色々と味わうことができる。

本当に素晴らしい時間を過ごすことができた。

接客も申しぶんない。
気取りすぎず、ゲスト一人一人をよく見て提供されるサービスは、絶妙な距離感だ。
厨房とホールが繋がっていて、厨房スタッフも頻繁に接客に加わる。
これがまた、お店全体の一体感を作り出していて良い。
ハイクオリティーなコース料理を、こういう寛ぎと共に提供できるお店は、たいへん貴重だ。

どの更にも満足したが、蝦夷鹿肉のおいしさは新しい発見だった。

以前、ジビエがにわかに注目されてきた頃に食したが、正直あまり良い印象はなかった。
なのだが、そのイメージが塗り替えられた。
牛とも豚とも違った味わいで、臭みは感じない。

当然のことだが、お店選びは大事なのだなぁ・・・としみじみ・・・。

食材は地元素材へのこだわりが強く表れている。
シェフ自ら採ってきた食材も多い。

さらには、食器までも地元九十九里の『スガハラ硝子』の食器が多用されており、個人的にはこれも良かった。

ドルチェのミルクアイスとヨーグルトを食べている間に、冷やされていた硝子の曇りがとれて、隠しドルチェの「マクワ瓜とパッションフルーツ」が現れたりする。

あらゆる面から、自信をもってお勧めできるお店だ。
アクセス的には不便な立地だが、これくらいがちょうど良いのだろう。
交通の便がよかったなら、予約取れなくなってしまうだろうから。

【今回の料理】
あまりに数が多いので、少し間違ってるかな?
◼オオモミタケのカルパッチョとキャビア

◼蛤のヴァポーレ バカ松茸と

◼幅海苔とモッツァレラチーズ

◼天然鰻の炭火焼き 山わさび添え

◼モクズガニのグラタン サマートリュフ添え

◼鱸とオクラのタルタル

◼ほろほろ鳥とソーメン南瓜のスープ

◼真鯛とシメジ(シャカシメジ/ サクラシメジ)栗のソース

◼焼きたてフォカッチャ

◼茹で落花生とショートパスタ

◼オクラの花を添えた自家菜園サラダ(大豆ドレッシング)

◼炭火で炙ったメイン

(牛バラ/牛ロース/豚/蝦夷鹿肉のハンバーグ)

◼口直し(乳清の氷菓に柚子皮)

◼自家製パスタ(ニラのソース)

◼ドルチェ(ミルクアイス / ヨーグルト / マクワウリ&パッションフルーツ)

◼食後の珈琲・紅茶