ESPICE

兵庫県神戸市中央区中山手通2-3-25メゾンエスプリ生田1-1

TEL:078-333-1919

★★★
演出にもこだわったフレンチのお店。

いろいろと、とっても楽しい時間を過ごせる。
デートなんかにはうってつけだろう。

なのに、価格設定も良心的でありがたい。

随所に“わくわくポイント”があって・・・とっても楽しい時間を過ごせる。


料理以前に、まず・・・ちょっと変わっている。
なんとも、不思議なテーブルセッティング(↑)だ。

お皿の上の謎の(?)物体に香りのついた水をかけて、モコモコとおしぼりが出現したり。

カトラリーは、抽斗におさまっている。

ちょっとわかり辛いかもしれないけれど、テーブルに“突き刺さっている”のは、肉料理用のナイフだ。
これがまた凄い切れ味で・・・(^^;

《本日のコース》

料理のお皿や盛り付けも素敵で、目にも美味しい。

中にはやはり、演出との兼ね合いで、一部凡庸な味に終わってしまう皿もあるにはあるのだけれど、それでも楽しさと勘案して、良いお店だな(^^♪・・・となる。

この日は、車の運転があったので、ドリンクはノンアルコールでお願いしたが、それでもそこそこ楽しめた。

《この日のランチコース》
▨うすい豆のムース、サワークリーム、雲丹

▨豚のリエット、黒胡麻を練り込んだシュー生地

前菜で既に心つかまれる。
「海の中にいるウニ」と「豚のリエット」。
2皿目は、豚さん型のリエットの他にも、小石に紛れて食べられるモノがあるという。
『本物の石をかじっちゃうと、痛いですよ♪』・・・なんて。

楽しいなぁ(*´▽`*)

▨サーモン、お米のサラダ

 ・黒オリーブとケッパーのソース

▨パン

 ・バター、ヨーグルト、ローズマリーとパセリの塩
 ・オリーブオイルをタピオカパウダーで固めて

ここらで、ドリンクのおかわり。

やっぱり、ノンアルコールではあるのだけれど、蝶々がカワイイ・・・とは、妻。

▨麹に漬けた鰆、新玉ねぎ、サフランと黒にんにく

▨仔羊、トリュフ香るマッシュポテト

▨パセリのアイスクリーム、ショコラのムース

これは、なかなかに攻めてる一品。
緑色のアイスクリームは、抹茶でもフルーツでもなく、パセリだ。
それも、かなり本気にパセリ味。
ワタシ達は気に入ったけれど(*´▽`*)

▨ミニャルディーズ

 ・カヌレ、フィナンシェ、チョコレート

結論としては、3種の小菓子なのだけど、その提供方法がやっぱり楽しい。

「宝探し」・・・ムフフ♡

満足の食事を終えて・・・。

トイレから戻った妻が『トイレが面白い!!』と、少し興奮気味に訴える。
行ってみた方がいい・・・と繰り返すので、用を足したいわけでもないのに、トイレを借りてみた。
なるほど、確かに『おっ』という感じなのだが、それよりむしろ、楽しそうに喜んでいる妻の姿に・・・
『このお店にしてよかったな』と。

繰り返そう。

デートなんかには、うってつけのお店だ(≧◇≦)